さんさん散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶景かな〜絶景かな〜

<<   作成日時 : 2009/03/14 18:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

翌朝、まだ眠い目を擦りながら一番風呂へ。
そのあと、談話室へ朝の目覚めの一杯のコーヒー
そこには、古〜い白黒写真が一枚。
額に収められて飾られておりました。
画像

通いの仲居さんと朝の挨拶を交わして、
お布団を片付けていただき、
早々に朝ご飯となりました。
画像

旅館をチェックアウトして、
バスで桃源台港へ。
出港時間まで時間を潰しつつ家族へのお土産を数点買い込み
海賊船のりばへ一番乗り。
画像

最初は数人しか並んでおりませんでしたが、
出港真近には行列に。
案外人気スポットなのね
甲板に上がると、
そこには船長が仁王立ち。
画像

ジョニーデップってわけにはいかんよね。
湖面は穏やかで
30分ほどの乗船時間はあっという間に過ぎて
箱根町港へ。
せっかくだからと、箱根関所と箱根関所資料館を見学。

箱根関所が現在の場所に置かれたのは、
江戸時代の初期元和5年(1619)のことといわれ、
徳川幕府は、全国53ヶ所に関所を設けましたが、
そのなかでも中山道の木曽福島、碓氷、東海道の新居、
そして箱根の4ヶ所は規模も大きく、最も重要な関所と考えられていたようです。
皆さんもすでにご承知のように、
関所の役割は、一般に「入り鉄砲に出女」を取り締まるところで、
ここ箱根関所では、「出女」に厳しい関所であったそうです。
画像


箱根関所の復元のきっかけとなる資料が発見され、
平成19年の春の完成を目指して発掘調査を行い、
その成果や資料の分析結果に基づき、
建物の復元や関所周辺の環境整備を行なうことになったそうです。
どおりで、小学校の時の遠足の時の記憶とは違いますね。
画像

役人の人形などについては、
当時の人の身体的特徴や衣服の色、模様などが明らかでないことを理由に
シルエット展示という淡い色で表現する展示方法となっていましたが、
かえって不気味でしたよ
その場をあとにして杉並木を通って元箱根港へと向かいました。
画像

当然のことながら
画像

お決まりのスギ花粉
でも最後に絶景に出会えました!!!
画像

その後バスに乗り込み一路小田原へ。
箱根駅伝のコースでもあるくねくね坂道を
ベテランのバス運転手さんの絶好調なハンドルさばきに身を任せ
ぐんぐん下っていきました。
時折曽我兄弟の墓の場所や標高差のことなど
観光ガイドまでこなしてました。
さすがです!!

最後に両親へひとこと。
本当に素敵な旅をありがとう






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ココアさん、こんにちは。
とても充実のご旅行で素敵です。登山列車やバスのくねくね道。
海賊船での遊覧と盛り沢山だもん。お父上叔父様も大喜びだったことですよね。
 
シルエット展示の不気味さがきっと、リアルなのですね、白いのに(笑)
杉のアップには迫力!。ココアさん、花粉は平気でしたか?
私は花粉は無縁なので、この青々とした美しい杉並木もあるってみたいな。
富士山ビューティフォー
ポーリー母
2009/03/21 11:54
ポーリー母様お久し振りです。
叔父は、来年の箱根駅伝が
今から楽しみだと申しておりました。
私は、花粉症なのですが、薬も飲んでるので
わりと軽く済んでいますが、
ちょっと杉街道はやめておけばよかった。
帰宅した翌日は目薬をもらいに行きました。
裾野まで雪をかぶった雄大な富士山を間近で見るのは
何年振りだろうか???
とにかくお天気が良くてよい旅でした
ココア
2009/03/22 00:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
絶景かな〜絶景かな〜 さんさん散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる